スポンサーリンク

ニッタクのラケットの重さのまとめ!板厚やブレードの大きさも分けたよ

この記事は約10分で読めます。

ニッタクのラケットについても重さを一覧でまとめて見たので是非参考にしてみてくださいね!

使うラバーは決まってるんだけど、ラケットをどうしようかな~という時に参考になると思います。

まとめ中にニッタクのラケットってこんなに種類あったっけと思いながら・・・疲れました(=o=;)

後、ラケット毎に寸法が違ってたりしました。

作る方としては、ラケットの大きさなんか絶対統一した方がコストなんかの面から考えても良いはずなんですが、そこらへんはニッタクさんのこだわりなんだと思います!

 

内容的にはラケットの名前、ラケットの重さラケットの合板構成、ラケットの板厚、ラケットの大きさの数字を一覧にしました。

上から順にラケットのさがが順に並んでいます!

ミスがあったらツッコミお願いします(=o=;)

重量については平均なので、各ラケット毎のバラツキはあるはずですのでご注意お願いします!
[ad]

ニッタクのラケットの重さまとめ シェーク編

ラケット名 平均重量(g) 合板構成 板厚(mm) ブレードの大きさ(mm)
カナルディ2 65 5枚合板 5.9 150×146
カナルディカーボン 70 特殊素材 6.5 151×147
ライジング2 75 5枚合板 5.6 157×150
アミン 75 5枚合板 5.9 154×148
ウイングライト 76 5枚合板 5.6 157×150
エンファント 76 5枚合板 6.9 152×148
ラティカライト 78 5枚合板 5.8 154×148
サナリオンS 78 5枚合板 6.4 157×150
WG5(ダブルジーファイブ) 80 5枚合板 5.7 157×150
アタラス 80 5枚合板 5.8 157×150
エボーシャル 5 80 5枚合板 6.4 157×150
バイオリン J 80 5枚合板 5.3 154×148
フォーム 80 5枚合板 6.6 154×148
ジェンティ 80 5枚合板 6.9 154×148
レジストⅡ 80 5枚合板 5.7 165×156
サナリオンD 80 5枚合板 5.7 165×156
エンドレス 80 5枚合板 5.3 165×157
ファクティブカーボン 82 特殊素材 6.6 157×150
フライアットカーボン 82 特殊素材 6.0 157×150
ファクティブ7 83 7枚合板 6.2 157×150
ルーティスレボ 85 特殊素材 5.7 157×150
エボーシャル 7 85 7枚合板 5.8 157×150
トルネードキング 85 5枚合板 5.5 157×150
ラティカカーボン 85 特殊素材 5.5 157×150
佳純スペシャル 85 特殊素材 5.5 157×150
レクロ 85 5枚合板 6.5 157×150
フライアットカーボンプロ 85 特殊素材 5.8 157×150
85 単板、木曽桧 9.0  155×149
佳純ベーシック 85 5枚合板 5.8 156×152
セプティアー 85 7枚合板 6.7 157×150
テスラ 85 5枚合板 6.6 157×150
リーブス 85 5枚合板 5.6 154×148
タリアン 85 特殊素材 6.1 166×156
馬龍5 86 5枚合板 6.0 161×152
馬龍カーボン3 88 特殊素材 5.7 160×151
セプティアーフィール 88 特殊素材 5.7 157×150
セプティアーフィールインナー 88 特殊素材 5.7 157×150
ブラッドウッド 88 特殊素材 5.7 157×150
馬龍5(LGタイプ) 88 5枚合板 6.0 161×152
ラティカ 7 88 7枚合板 5.8 157×150
トルネードキングパワー 88 特殊素材 5.8 157×150
トルネードキングスピード 88 特殊素材 5.7 157×150
バサルテックアウター 88 特殊素材 6.4 157×150
バサルテックインナー 88 特殊素材 6.4 157×150
ホルツシーベン 88 7枚合板 6.6 157×150
バイオリン 88 5枚合板 5.3 156×149
アコースティック 88 5枚合板 5.7 157×150
ラティカ 88 5枚合板 5.8 158×152
伊藤美誠カーボン 90 特殊素材 5.5 157✕150
バイオリンカーボンインナー 90 特殊素材 5.3 156×149
馬龍カーボン2 90 特殊素材 5.8 160×151
バイオリンカーボン 90 特殊素材 5.3 156×149
馬龍7( LGタイプ) 90 7枚合板 6.3 161×152
アコースティックカーボンインナー 90 特殊素材 5.5 157×150
アコースティックカーボン 90 特殊素材 5.5 157×150
ティルナ 90 特殊素材 5.4 166×156
アコースティック(LGタイプ) 90 5枚合板 5.7 157×150
テナー 92 5枚合板 6.0 158×151
ビオンセロ 92 5枚合板 5.3 164×154
アコースティックカーボンインナー(LGタイプ) 92 特殊素材 5.5 157×150
アコースティックカーボン(LGタイプ) 92 特殊素材 5.5 157×150
馬龍カーボン(LGタイプ) 94 特殊素材 5.9 161×152
剛力スーパードライブ 95 6枚合板 7.0 160×154
剛力ジュニア 97 7枚合板 4.9  150×154
剛力 100 7枚合板 4.9  160×154
剛力男子 105 7枚合板 5.0 160×155
剛力スーパーカット 105 7枚合板 4.9  165×156

ニッタクさんラケット多すぎ疑惑がここで発生しました!!

こんなにあるとは思いませんでした(笑)

スポンサーリンク

ニッタクで一番軽いシェークラケットはカナルディ2

一番軽いラケットはカナルディ2というラケットです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カナルディ2
価格:3432円(税込、送料別) (2020/11/25時点)

 

正直知りませんでした。

内容的にはラケットの面の大きさを少し小さくして軽量化することで幅広い世代に使ってもらえるようにしてある

ラケットみたいですね~。

納得。

ニッタクで一番重いラケットは剛力男子と剛力スーパーカット

さすがの剛力シリーズですね!

ニッタクでも重いと有名なラケットです。

しかしこの超重い!剛力シリーズ結構女子選手が使っていたりします。

実際に自分ももたしてもらった事があるのですが、、まじで重いです。

これに慣れればブロックなんか安定してできそうですし、とても個性があって面白いラケットですよね。

少しお高いですが、どれか一本は欲しいですね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

剛力男子 FL
価格:23595円(税込、送料無料) (2020/11/25時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

剛力スーパーカット FL
価格:23595円(税込、送料無料) (2020/11/25時点)

 

ニッタクのラケットの重さまとめ ペン編

ラケット名 平均重量(g) 合板構成 板厚(mm) ブレードの大きさ(mm)
サナリオン R-H 62 5枚合板 5.8 158×140
ストリーク R-H 65 5枚合板 6 158×140
ルーティスレボ C 75 特殊素材 5.7 157×150
ルーティスレボ J 75 特殊素材 5.7 157×150
レクロ C 75 5枚合板 6.5 157×150
アキュート 75 5枚合板 6.9 160×140
サナリオン C 75 5枚合板 6.4 157×146
サナリオン R 75 5枚合板 7.4 160×142
ラティカ C 80 5枚合板 5.8 160×150
レボフュージョン8.5 MF R 80 3枚、木曽絵 8.5 160×138
レボフュージョン8.5 MF P 80 3枚、木曽絵 8.5 162×128
レボフュージョン MF C 80 7枚、木曽桧 6.7 162×148
レボフュージョン MF J 80 7枚、木曽桧 6.7 162×148
双MF R 80 単板、木曽桧 8 159×138
双MF P 80 単板、木曽桧 8 161×128
バイオリン C 84 5枚合板 5.3 161×151
アコースティック C 84 5枚合板 5.7 161×151
雅 R 85 単板、木曽桧 9 160×140
雅ラウンド 85 単板、木曽桧 9 155×142
超特選A 85 日本三大美林 木曽桧 9 162×130
超特選P 85 単板、木曽桧 9 160×140
AA 85 単板、木曽桧 9 162×130
AP 85 単板、木曽桧 9 160×140
セプティアー C 85 7枚、木曽桧 6.7 157×150
アコースティックカーボン C 86 特殊素材 5.5 161×151
アコースティックカーボンインナー C 86 特殊素材 5.5 161×151
剛力C 100 7枚合板 4.9 160×154
剛力J 100 7枚合板 4.9 160×154

と、こんな感じです!

ペンも多いなぁ・・・

どれも精魂込めて作られたラケットなんでしょうね!

スポンサーリンク

ニッタクで一番軽いペンのラケットはサナリオン R-H

サナリオンというと、ニッタクでは初心者向けのラケットのイメージがあります。

とくショップなどで、初心者セットとして春先になると並んでる事も多かったです。

このラケットは反転式ということもあって、ラケットのグリップの部分が両面削られています。

それが軽さに影響したということもあるでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サナリオンR-H
価格:3575円(税込、送料別) (2020/11/25時点)

 

ニッタクで一番軽いペンのラケットは剛力C剛力J

やはりこちらも、剛力シリーズ!

分かっていたとはいえ、やはり圧巻ですね。

このラケットの面白いのは板厚が薄いのに、ラケットが重い!

このアンバランスさがどういった効果をもたらすのかとても興味があります。

自分の想像では!

薄いラケットなのでしなりがあるんだけど、木材の密度が高いからバネ効果が高くて結構とばせる!

あってる??

是非一度お試しあれ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

剛力 C
価格:23595円(税込、送料無料) (2020/11/25時点)

スポンサーリンク

コメント