スポンサーリンク

魔女の宅急便 黒猫ジジの彼女の白猫の名前と飼い主は?二人のこどもについても

この記事は約4分で読めます。

黒猫ジジには物語のとちゅうで彼女が出来ます!!

そんなジジの彼女について調べてみました!

ジブリ作品の中でも、もっとも有名な『魔女の宅急便』は1989年にアニメ映画として放映されました。

この物語の主人公の魔女見習いのキキは、魔女のしきたりとして13歳の満月の夜に家族から離れてくらし修行をしないといけません。

そして、その夜キキは相棒の黒猫ジジとほうきと一緒に旅立ちます。

この黒猫ジジが可愛いんですよね~

 

魔女の宅急便 ジジの白猫の彼女の名前はリリー

そんな黒猫ジジは映画の中で白い猫と出会います。その猫の名前はリリーといいます。

ジジ『リリーって言うの』

とキキに紹介しました。

そして

キキが『リリーさんよろしくね』

っていシーンが白い猫の名前が分かった瞬間でした。

 

映画の中で初めて黒猫ジジと出会った時のセリフが

 

ジジ『ちぇっ、ちぇっ、気取ってやんの!

 

ですw確かにそんな感じの描き方でしたねww

気取ってやんのといいながら少しきになっている裏腹感が可愛いですね~w

ちょっとなにか上から目線のような、誘惑してるかのような感じで見てくるシーンが印象的でしたが、その大人びた感じに黒猫ジジは白猫リリーが魅力的にみえたのかもしれません。



ここからは個人的な考えなんですが、少しこのシーンについて考えてみたいと思います。

黒猫ジジの発する言葉というのは実はこういった意味があるそうです。

ジジの言葉というのは実はキキ自身の言葉だというのです。こう宮崎駿さんはいっています。

ジジは白猫リリーに対して

ジジ『あそこんちの猫 キライだよ』

とも言っています。これがキキ自身の心の声だとするとリリーのことはちょっと鼻についてたのかもしれませんねwおしゃれな感じだし、キキは服も一枚しかないので少し悔しかったのかもしれません。

でもとても人間らしくもあります。

そしてこのあと、黒猫ジジの声が本当に聞こえなくなっていくのです。

なにかこのタイミングが魔女キキの成長のタイミングとなるターニングポイントの様に感じられますね。

 

物語が進むに連れキキが成長していき、それを見てか、知らずか黒猫ジジもリリーとのお付き合いなど二人(魔女キキと黒猫ジジ)の関係性が変わっていくように見えました。

スポンサーリンク

魔女の宅急便 ジジの白猫の彼女リリーとの間に子供が出来る

物語の終盤で黒猫ジジとリリーとの間に小さな子猫たちと一緒のシーンがありますよね。

それはこの二人の子供という事です。しかしいつの間にやらって感じですよね!

この子達の名前はちょっと分かりませんが、白い子猫3匹に黒い子猫1匹で、白猫リリー黒猫ジジにそっくりなかわいい子供です。

 

ちなみに、猫の毛色は白と黒だから灰色になるとか、そういった感じではないようですよ!しかも親と全く違う色で生まれてくる事もあるそうです。詳しくは遺伝などの話になるようですが、びっくりですよね!
スポンサーリンク

 

魔女の宅急便 黒猫ジジの白猫の彼女リリーの飼い主はマキ

黒猫ジジの彼女リリーの飼い主の名前はマキと言います。

物語序盤に、キキがまだグーチョキパン屋さんで仕事を始めて間もない頃に来るお客さんです。

しかもちょっと、おしゃれな感じの女の人ですよね、ファッションデザイナーのお仕事をしているそうです。

マキはこのパン屋さんの近所に住んでおり、甥っ子に誕生日プレゼントを配達するお願いをします。その誕生日プレゼントとは黒猫ジジにそっくりな人形が入った鳥かごです。それが魔女キキとマキの初の出会いでした!

スポンサーリンク

まとめ

・魔女の宅急便の黒猫ジジの彼女の名前はリリーといいます。そして物語が進むに連れ黒猫ジジとリリーは仲良くなり、4人の子供を設けます。

・リリーの飼い主の名前はファッションデザイナーでもあるマキといいます。

 

 

コメント