スポンサーリンク

ダイナブックdynabook B452/23GYのHDDをSSDに交換してみた!

この記事は約3分で読めます。

うちのサブノートであるダイナブックdynabook B452/23GYのレスポンスがすごく悪くなってきました。

以前うちで買ったヤマダ電機オリジナルモデルですね。需要があるかわかりませんが、、、

メモリが足りないのかなと思いメモリーを足してみましたが全く効果がありませんでした。

そこで色々ググってみた所SSD交換すれば早くなるというではありませんか!

早速やってみました。

準備した物

1,dynabook B452/23GY

2,Crucial クルーシャル SSD 240GB

元のHDDの容量は500GBあったのですが、実際に使用していたのが80gほどだったので240gで十分だろうということでこちらにしました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

連続ランキング1位獲得!Crucial クルーシャル SSD 240GB【3年保…
価格:3680円(税込、送料無料) (2019/12/28時点)

楽天で購入

 

 

3,Inateck SATA-USB 3.0 変換アダプタケーブル

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【UASP/SATA III対応】Inateck SATA-USB 3.0 変換…
価格:1480円(税込、送料無料) (2019/12/28時点)

楽天で購入

 

 

4,精密ドライバー

こちらだけで交換できました。

交換方法

 

まずはHDDの中にあるデータをSSDに移動しないといけません。

箱からSSDを取り出し、SATAとUSB変換ケーブルをdynabook B452/23GYを接続します。

そうしたら、EaseUS Todo Backup Freeというソフトをダウンロードします。そのソフトを使いSSDをクローン化をします。

 

EaseUS Todo Backup Freeの詳細が知りたい場合には公式サイトはこちらです!

 

このあたりのやり方はコジコジさんの動画を見て参考にしました。

 

クローン化の作業が終わりましたら、背面のカバーのネジを取り外します。

この写真のようになりますので、HDDを止めてるネジを一本取り外します。

ハードディスクを画面左方向に向かって引っこ抜きます。

そうするとこの様な状態で出てきます。

ハードディスクにつけてあるブラケットを横のネジを緩めて外します。

その際、ネジロックが塗ってあるようで中々緩めるのが難しかったので緩める際は注意してくださいね。

 

それができましたら、SSDとHDDを入れ替えてねじを締めます。この状態になります。

それをHDDがあった場所に戻し、右側へお仕込みます。

あとは残った部品を取り付けて完成です。電源入れて動作確認しましょう!!

dynabook B452/23GYにSSD搭載した効果は?

CrystalDiskMarkのデータで比較します。

HDDにて測定

SSDにて測定

 

 

ストレージのデータ速度を測定するソフトです。数字が大きければ大きい程転送速度が速いです。

 

結果としては約7倍の速度になりました。また実際の使用感も早くなりました(#^^#)

 

コスパ最高ですね!ほかにも眠ってるPCあるのでそちらもやろうと思いました。

 

是非是非みなさんもやってみてください!

 

コメント