スポンサーリンク

ドライブインシアター【2020】はどこで見える?アイドリングや音源についても

この記事は約4分で読めます。

皆さん外に不要不急で中々外に出ることも出来ず、もやもやとした時間をお過ごしの方もいるのではないでしょうか?

出来るだけ密集を避けるという事で、気晴らしに出かける場所もないですよね・・。

そんな中ドライブインシアターという物があるのをご存知でしょうか?

 

簡単に言いますと、車の中で映画が見れるというものなのですが、外にいながらにしてまるで映画館の様な体験が出来るというからこのご時世にあった内容ですよね!

自分もこれは行ってみたいですね^^

車好きな自分としては、車がずらっと並ぶ中で映画を見るなんて想像するだけでわくわくしますね!

車の中ですべて完結するというのが魅力的です。

内容について少しまとめてみましたので、ご参考になれば幸いです!

ドライブインシアターはどこで見えるのか 料金は?

ドライブインシアターは今現在どこで見えるのか?探してみました!

日本に常設するドライブインシアターは

Drive in Theater Aso

この場所しか日本では残っていないようです。

阿蘇という土地柄もありますし、とてもいい雰囲気の会場ですね。

料金は

当日券 1,800yen

前売り券1,500yen

小学生以下 free

普通の映画館と同じぐらいの料金ですね!くつろぎながら映画を堪能出来ると思えば安いですね!

 


 

また、「Outdoor Theater Japan」という会社が全国47都道府県でイベントを行うという事です!中々な先が見えない中、全国に楽しみを届けて下さるというのはとてもありがたいですね!

今現在はまだスケジュール,料金などは発表されていないようですが、実現される為に鋭意ご尽力されてるみたいですね!今後の発表が楽しみですね。

スポンサーリンク

ドライブインシアターとは?その発祥は?

そもそもドライブインシアターとはご存知ではない方もおられるのではないでしょうか?

ドライブインシアターとは多くの車を駐車出来る会場で、車内にいながらにして大画面で映画を見られるという施設です!

車内というプライベートな空間で安心感もあるので、家で見るのと映画館で見る間ぐらいな感じですね。

発祥はアメリカのニュージャージー州カムデンという所です。

最初はリチャード・ホリングスヘッド・ジュニアという化学工場の経営者が試作し、その後特許出願し登録されたそうです。

その後ハリウッド映画などのワンシーンでも使われたりしているので、見たことあるという世代の方もおられるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ドライブインシアターでの音源は?

ドライブインシアターでの音源はどうなるのか?

大きなスピーカーを使っていては使用出来る環境というのは限られますし、車内なので必ず窓を開けないといけないという事になってしまいます。それではとても不便ですね。。。

それを解決するのにFMラジオを使用します、ラジオの周波数をあわせる事でカーステレオで映画を楽しめる!

ステレオにこだわっている方は、すごい迫力の音源で楽しめますね!

スポンサーリンク

ドライブインシアターでのアイドリングは?

ドライブインシアターで音源を聞くのに電気がいるので、アイドリングはある程度は必要ですね。エンジンをかけたり、切ったりしていいと思います。

ご自分の車の状況に合わせて調整するようですね。バッテリー変えてないなぁという方は慎重に!バッテリー上がっちゃうと大変です・・

スポンサーリンク

まとめ

ドライブインシアターは今現在、常設しているのは Drive in Theater ASOのみです。

ドライブインシアターの発祥はアメリカ。

ドライブインシアターの音源は車内FMラジオ。

ドライブインシアターではアイドリングはそれぞれで調整する。

という内容でした!

 

 

コメント