スポンサーリンク

バックハンド粘着を使いこなす方法

この記事は約3分で読めます。

 

今日は再度練習をしてきて、バック面に粘着キョウヒョウNEO3を使用してきてどう使えば粘着のいいとこを使えるのか?というところを説明していきます。

バックハンド粘着を使いこなす方法

  1. 前陣での使用が望ましい
  2. 台上の強さを生かしたきっかけ作り

 

①バック面粘着は前陣での使用が望ましい

何故そうなるのかというと、やはりラバーの硬さからくる回転のかけにくさですね。

前陣であればある程度十分な大勢で打球できます。そうなるとぐっ!と身体全体を使い回転をかけて台に収める事ができます。

しかし、いざ下げられてしまうととりあえずラケットに当てるだけでしのぐことは多いのではないでしょうか?

そこがキョウヒョウNEO3になると、まぁ・・・・・ボウダマ(´;ω;`)ウゥゥ

まぁ・・・・相手にチャンスボール上げてる感じですねww

なのでよく言う粘着ラバーはきちんと打球しないときついというのはバックハンドでもいえるんですね。
このデメリットを考えると前陣でゴリゴリ攻めていくほうが妥当だと思います。
逆に前陣だとすごく扱いやすいです。逆に下がる

②台上の強さを生かしたきっかけ作り

やはり粘着が飛ばないということから、それを活かすという事が必要になってくると思います。

めっちゃいいと思ったのは!!!

 

じゃかじゃかじゃかじゃん!!

 

ツッツキーーー!

 

予想通り?ですよね?チキータとか想像した方すいません( ̄▽ ̄;)

 

ツッツキがいいんです、ゴリっと切って相手の回転上書きするのがやり易く短くしたり、長くしたりしやすい!

これっていうのが何がいいかというと、ツッツキを短く出来れば相手に打たせない事ができます。逆に長くすればば相手に打たせてカウンターを狙いにいけます。

 

また、チキータでもキョウヒョウNEO3の特徴が出ます!

それは粘着特有のバウンドの変化がチキータに起こるということです。

これが何に有効かというと、死力を尽くした戦いになると不規則なバウンドというのは試合後半ここぞという時に効いてくる!という事です。これって大きくないですか?

後半になると、戦術も煮詰まってきます。やることがないとかありませんか?

そういった時に一点がとれる!これはいいのかなと思いました!

 

なので、

 

相手を崩すきっかけを作りやすいとなります!崩したらフォアハンドでゴリゴリ攻めてあげましょう!

頑張りましょう!!

 

 

 

 

 

コメント