スポンサーリンク

チキータの打ち方はなんと!フリーハンドが超重要

この記事は約3分で読めます。

前回虎ひしぎの記事を書きました。

試された方はいますか?いかがでしょうか効果を、感じる事はできましたか?

この記事を読むことで、虎ひしぎと今回お知らせする方法を合わせることで、より安定してチキータを繰り出すことが出来るようになります。逆にこれはとても基本的な事になります。

 

今回のキーワードはフリーハンドで打つです!何言ってんだこいつ?なんだフリーハンドかって思ったそこのあなた!是非最後まで読んでみて下さい!

 

 

またそれだけでなく、普段のフォアドライブ、バックドライブなどがより安定して打つことが出来るようになると思います!

 

簡単に方法を述べます。下記の順番です。多分言ってることは普通のことなんですが、びっくりするくらい

効果が出るはずです。

1、ラケットを持ってるいる方の力を抜く

まずラケットを握りすぎないという事です。本当にラケットが落ちるぐらいの形でラケットを持ちます。普段打球する側の腕というのは力が入りますし、意識がそちらにいってると思います。そこは騙されたと思って力を抜いてください。

2、フリーハンドを腕を動かす

今試しにやってみてほしい事があります。フリーハンドを後ろに引いてみて下さい!

力を抜いて立ってもらって、ラケットを握ってみて下さい!物は試しです。フリーハンドを後ろに引きます。

3、ラケットを持っている側の腕が動く

すると、右腕がそれにつれて動くはずです。ここがとても重要です。左腕を後ろに巻き込むと右手が出てくる、実はこれって普通ですよね?この動きを利用して打球します。

そんなのできるのって思うかもしれませんが、できるんです。自分もまだまだ練習してるところですが、だんだん慣れてきました。フリーハンドででタイミングをとるようにしてみてください。今まで利き腕でタイミングとってる方が多いのではないでしょいうか?

人によってフリーハンドの動かし方によって、やりやすいやりにくいというのはあると思うので是非いろいろ自分で試してみて下さい。

4打球する

右腕が勝手についてくるというのを利用して打球します。この感覚になれてくるとすごく楽に打球できます。どうでしょう?

普段練習でフォアハンド、バックハンドの練習続けてると腕がだるくなりませんか?それは腕に力がずっと入ってるから疲労がたまってくるからなんですね。この打球の仕方に慣れてくるとすごい楽になります。

5.最後に

この打球方法を覚える事で2次的に生まれた恩恵があります。卓球は体制を崩すと非常に不利になります。フリーハンドを引く事で利き腕がついてくるという動きをすることで、体幹が安定することになります。体幹を中心にくるっとまわっているイメージですね。

 

これにより、体制が崩れにくくなるので卓球台全体を見渡せる余裕と、見渡せる時間が出来てきます。崩れた体制を戻す時間などに浪費してる間にもボールは動いています。体が打つたびに崩れてたのでは、時間を無駄にしてしまいます。その時間を最小限にする為には体は崩れないほうがいいですよね。

 

より見渡せる形で卓球を出来て、コースを狙う駆け引きなどもできるようになるので是非つかんでください!

 

 

コメント